無料アダルト小説「スナックの美人ママとホテルで密会し夢見たセックス。」


スナックの美人ママ。会社と自宅の中間くらいにある小さなスナック。美人ママが1人でやっている。店は通りに面してなくて、路地の奥にある。従って一元さんはめったに来ない。いつも同じ面つが揃う。お医者さん、一流企業のサラリーマン。30分くらい電車を使ってきている常連客もいる。ママが目当てだ。私もママと何とかなりたいとのスケベ根性で通っている ママは主婦もやりながら店を経営している。小柄ではあるがグラマー。
身体の線が綺麗だ。時々チャイナドレスを着てくる。足の部分のスリットがなまめかしい。
お店は午前2時までやっている。ママは料理も上手であり美味しい食事も作ってくれる。ママは公務員の御主人との2人暮らし。子どもたちは学生でで下宿生活。めったに家に帰ってこない。お店を経営しているがママはお酒が飲めない。車で家から通ってきている。
幸いお客の中で私が一番近いから、遅くまでいても誰も疑わない。これが私のメリットだ。
親しくなるためにはママと2人きりになる時間を増やすことだ。店が終わってからママのマンション1階にある深夜営業の居酒屋に行く。
何とか懇ろになるキッカケを作りたい。そう思って行動に移す。ママと居酒屋に行く時は車を地下二階の駐車場に入れてから行く。車が駐車場に入った時に強引にママの首に手をまわしてキスする。抵抗はしない。後部座席に移動してデイープキス。ママの舌を私の舌が追いかける。はだけた服から胸の谷間が。興奮して行為がエスカレートする。胸のふくらみを弄り、さらにスカートをまくしあげて、パンテイの中に手を滑り込ませる。
「ダメ!絶対!ここではダメ!」。その日はこれでまでか、しかし「ここではダメ!」と言う事は他の場所ならOKというふうに勝手に解釈。「場所を変えましょう、ここは雰囲気が悪いですよね」「そうよ、女だからもっといい雰囲気でしたいわ。」
「温泉宿でお泊まりデートしたいです」「ダメよ~ 御近所の目が有るからお泊まりはイヤ」
「日帰りならOK」という条件でデートが決まった。少し距離が離れた海が見えるシテイホテルを予約した。14時チェックインで23時チェックアウト。
当日私はママを車で迎えに行き、海の見えるホテルにチェックイン。「海がきれいね~」
海を見ているママを後ろから抱き締める。腕は腰から上に向かい胸を弄る。予想外に大きいおっぱいだ。服を脱がせてバスルームにお姫様だっこにて。ママは小柄でおそらく48キロくらいの体重。私は185センチで力持ち。軽く感じた。
シャワーでママの頭から足の指先まで丁寧に丁寧に洗う。あそこは最後にして。おっぱいは特に丁寧に洗ってあげる。「あ~ん、ああ」バスルームにこだまするママの声。私は興奮してペニスが勃起。「貴方のも洗いますね~」と丁寧に私の物を洗ってくれる。洗い終わってから「味見をするね~」と私のペニスを咥えてくれる。2分ほどフェラしてくれた。
勃起状態のペニスは爆発寸前。最後に彼女のオマンコを優しく丁寧に洗う。「あ~、お~」
とまたまた声が出る。
お風呂からベッドに移動する。「チョット待ってね」とママはパンテイを付けている。これが女のマナーか。どうせすぐ脱がされるが。下着は黒のTバックだ。クロッチの部分が何だかおかしい。エロ下着に興奮する。ベッドで軽いキスから。耳、うなじ、そしておっぱいに。おっぱいは形が良い。シッカリと上を向いている乳首。右手でおっぱいを弄り、反対側のおっぱいを舌で転がし吸う。性感体のようだ。声がやたらに大きくなる。
「ああ~ん、ああああ」下半身の濡れ具合を確かめに下へ手を伸ばす。パンテイの中のオマンコは「グショグショ」になっている。黒のパンテイも濡れている。
舌を大腿部から足の指に。指を丁寧に1本ずつ咥えて行く。足と足の間は舌を這わせてやる。そしてまた舌は上方に帰っていく。遂に秘密の園近くに到達だ。え~、パンテイのクロッチ部分は無い。いわゆるアナ開きパンテイだ。ママはスケベだった。よくもこんな下着を買って来たな、旦那さんに見つかったらどうするつもりなのか。
これでパンテイを脱がさずにセックスができる。アナ開き部からオマンコをさわり、クンニをしてやる。蜜ががあふれてくる。「蜜は飲ませてね!」「いや~ん、恥ずかしい」と言うがたっぷりと愛液を吸ってやった。指とクンニでオマンコを攻める。「そこ、いい~、もうダメ、いっちゃう~」ガクンガクンと身体が震えてママはいった。「太いの入れて~」
ママのスリット部分にペニスをあてがい、ゆっくりとシッカリと奥まで入れる。「もう我慢できない~、出すよ」「良いよ~中にいっぱい、いっぱい出してちょうだい~」「何処に出すの」といやらしい質問をしてやる。ままに「オマンコ」と言わせるために。
「いじわるね」そしてついにイヤらしい言葉がママの口から出た。「オマンコの中に、奥にだして~~」。たっぷりと精液をオマンコにだしてやった。オマンコから流れ出る白い透明な液体を見て満足。女を征服した満足感を覚えた瞬間である。
11時チェックアウトまで3回セックスをしました。ママも満足「いっぱいありがとう」
それからも定期的に浮気は継続している。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)