官能小説「夜の街で知り合ったダンディな男に顔射されるナオ」


いつも通りに平凡な日々を送るナオは、その日も何の刺激もない仕事を淡々とこなし、家へと帰るために身支度を始めた。家へと帰るのはいいけれど、家に帰っても1人で食事をし、ただ寝るだけという生活に飽き飽きしていたナオは、「このままあたしの人生終わっちゃうのかな?」と考えては、ついつい明るさを求めて繁華街へと足が向くのであった。

会社では地味で目立たない存在のナオには、気の許せる友達というものがいない。休日には家の中で本を読んでは孤独に過ごす。地味なだけに寄って来る男もいない。27歳になるというのに、いまだに男に抱かれたこともないナオだった。でも、異常に性欲が強く、エロ動画を見てはその満たされない欲求を満たすのが快感で、家では大胆にも大きく股を開いては一人エッチを楽しむのだった。

通販で密かに買った大きめのバイブを使い、それを陰部に押し当てては快感を楽しむ。最初は「は、は」という喘ぎ声も、除々にエスカレートして「はあん、イクう」という大きな喘ぎ声に変わる。腰を上下に激しく振りながらやる1人エッチは、実にナオを最高のエクスタシーへと誘うのであった。

股はいやらしい液でグチャグチャになり、それを指に付けては舐めるのも好きだった。自分のその液を顔に塗っては男が精子を自分の顔に出すイメージをするのである。エロ動画を見ていて、ナオは顔射というものに憧れを抱いた。自分がいつかはその顔射をしてもらえたらいいのにと思っては、自分の液を顔に塗ってイクのである。

でも、さすがに27歳の火照った体には男が欲しい。そこでナオは顔に派手な化粧をし、セクシーな下着を付け、大胆なファッションに身を包んでは夜の街へと行くようになった。

昼間のまじめで質素なイメージとは違い、誰が見ても夜の女に見える姿になったナオは、急に喋りも達者になるのが不思議だ。まったく知らない隣の席の男にも肩に手を回してはペラペラと喋ることができるのだ。ナオは美人だったから、頬に真っ赤なキスマークを付けられれば男も悪い気はしない。キスされた男は「ホテル行こうか」とナオの耳元で囁く。でも、プライドの高いナオは、下手な男とはホテルでエッチはしないと決めている。自分の色っぽい姿を男どもが見て、いかに自分に興味を示すかを見ては楽しんでいるだけなのだ。

そんなナオがその夜も行きつけのバーへと行くと、カウンターにはそのバーには似合わないようなダンディで気高く、顔の良い男が座っていた。「へえ、こんな店にこんな男が来るんだ」とナオは思ったが、その内面から出る男らしいオーラについつい引き寄せられてしまうのだった。

その男の横に座り、「1人?」と声をかけた。「あ、うん」と驚いた顔で頷くその男性の横顔は、実にナオのタイプだった。「この男ならあたしのアソコをあげても良いかも」と思ったナオは、初めて自分から男に「ねえ、ホテル行かない?」と誘ったのだった。男は驚きつつも頬を赤くし、酒を一きに飲み干した。「行こうか」とその男は席を立ち、ナオに肩を回してきた。いつもは自分から肩を回しては男を誘惑してきたナオが、初めて言いようのないドキドキ感を覚えた。

ホテルの部屋に入ると、ナオは何だか急に子猫ちゃんのようになってしまった。男とホテルに来たことなんてないから、そのラブホテルの部屋は実にいやらしく、ナオのアソコを刺激した。「どうしよう、このまま帰っちゃおうか」と思っていると、男がナオの口に舌を入れてきた。いきなりのことで全身が硬直してしまい、男のなすがままになってしまった。

あのダンディな男は急にいやらしいオオカミのような舌使いでナオの唇を舐めてくる。ナオは「ああ、これがディープキスなんだ」と思い、「凄い」と思った。「このまま溶けちゃいそう」と思っていると、男が「触って」とナオの手を自分のアソコへと押し当てる。男のアソコは凄く硬く、大きくなっていた。チャックを開け、そこから男のイチモツを出せば、エロ動画で見たことのないような大きなものだった。

ディープキスをされているナオの手は大胆に動き、上下に素早く扱いては男を感じさせた。男の口からは「はあ、はあ」といういやらしい声が漏れる。男の手はナオのパンティの中に入り、グチャグチャに濡れたアソコを激しく擦り始めた。興奮したナオは「あはあ、いい」と声を出してしまった。

それを聞いた男は興奮し、ナオの服を引きちぎるように脱がした。そして跪かせ、自分のいきり立ったイチモツを舐めさせるのである。エスカレートしていく男はナオの頭を押さえつけ、腰を激しく振ってはナオの喉の奥へとそれをぶつけるのであった。嗚咽を吐くナオを抱え上げ、立ったままの姿勢で下から大きなイチモツを入れては腰を激しく振り始めた。

「痛いっ」と思ったのもつかの間、除々にアソコは感じ始め、「いい、もっとお」と言う言葉が口から漏れてしまうのだった。男は激しくナオの口にキスをしながら腰を振り、「うっ、イッちゃうよ」と言う。その言葉を聞き、ナオは「顔に出してえ」とおねだりした。その言葉で男はイキそうになり、イチモツを穴から出してはナオの顔にその愛液をぶちまけた。

熱い液がナオの頬に触れ、その液を指に付けては幸せを感じながら舐めるナオだった。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)