激しい官能小説「メンズエステでの大量射精」


「パンツからはみ出しちゃいましたね。おっきいですねー、お客さん」
「す、すいません、変なつもりはまったくないんですけど、反応しちゃって」

私は、出張先の地方都市で、個室マッサージ店に入っていた。そこは、いわゆる風俗店とは違い、健全なアロママッサージ店のようだった。

店に入ると、白のミニスカートと胸元が大きく開いた黒いシャツを身にまとった20代後半ぐらいの女性スタッフが、受付で私を迎えてくれた。
60分のアロマオイルコースを選び、代金を支払った後、スーツを脱いで着替えるように言われた私は、うす暗い個室で真っ裸になり、その上にバスローブを羽織った。ほどなくして、女性が部屋をノックして入ってきた。私はシャワー室に案内され、軽く汗を流した。

シャワーを出ると、女性がカーテン越しに「そこに置いてある紙パンツを履いてください」と声をかけてきた。私は言われるがまま、Tバックの紙パンツを履き、その上からバスローブを羽織って、再び女性に案内され個室に戻った。

「では、うつ伏せの状態でベッドに横になってください」女性が私にそう指示をする。
Tバックタイプの紙パンツには私のものが完全には収まりきらず、手で股間を隠しながら横になった。そして女性の前で露わになったお尻にひんやりとした空気を感じていた。

「では、これから施術を始めていきます。よろしくお願いします」
女性はそう言うと、早速マッサージを始めた。
両足を少し広げられ、足の裏からもみほぐしが行われた。ふくらはぎやお尻も念入りにもんでくれる。ここまでは普通のマッサージだった。少々ぎこちなさは感じるものの、女性の手でお尻をもまれるのは気持ちがいいものだ。

女性の手は、しだいに刺激的なものに変わっていった。私のお尻の穴を絶妙に刺激し、太ももの根元まで手がすうっと伸びてくる。指の先が私のペニスや睾丸に軽く当たる。ドクンドクンと、まるで音を立てるようにペニスが脈を打ち始め、私のものが徐々に大きくなっていくのが分かる。大きく膨らんだ私のものは、とうとう小さいTバックの紙パンツから飛び出してしまった。

エロ過ぎるメンズエステ
激しいメンズエステのマッサージに勃起。クリックして見る!

15分ぐらいが経過した頃、「それでは仰向けになってください」と声を掛けられ、私は指摘されるよりも先にこう伝えた。
「息子が大きくなってしまいました。ごめんなさい」
「あー、元気になっちゃいましたね。でもみなさんそうですから、健康の証ですよ」
そう笑顔で答える女性の手は、休むことなく、私の太ももから鼠径部に達していた。

勃起を抑えることなどできるわけがなく、しかも小さいTバックの紙パンツにペニスを収めることも無理だと分かっていたため、紙パンツからペニスが飛び出してしまっていることについては、あえて伝えていなかった。そのまま何とかやり過ごしてしまおうと思っていたのである。

ただ、女性に「パンツからはみ出しちゃいましたね。おっきいですねー、お客さん」と言われてしまったために、何らかの返事をしなければならなくなった私は、「す、すいません、変なつもりはまったくないんですけど、反応しちゃって」と応えた。
「全然気にしなくて大丈夫ですよ、血の巡りが良くなってきている証拠です」
慣れた手つきで女性はそう答えた。

「では、最後にオイルマッサージをしていきますね。気持ち悪かったら言ってください」
そう言われた直後、私の股間に大量のアロマオイルが流れてきた。温かいオイルを女性が見事に操っている。亀頭がはみ出た状態の私は、血液のほとんどが自分のペニスに集まっていることを確信する。女性の手が、それを承知の上で、私のペニスに触れてきているのも分かる。鼠径部を念入りにオイルでマッサージされた後、女性の手は紙パンツの中に入ってきた。そして、ぐちょぐちょになった私の股間を傷めつけないように、ゆっくりとなで回した。
「ああ、気持ちいいです」
「ホントですか?良かったです、嬉しい」
「でも、あんまり触られると出ちゃいそうです」
「あ、これは治療ですから、治療の結果として出ちゃう分には問題ありませんよ」
そう言われた私はますます興奮する。これまでに経験したことがない勃起を今している。
女性は時々立ち位置を変え、私の頭や顔に大きな胸を押しつけながら施術を行った。手は常に私のペニスや睾丸に触れていた。

そこでピピピっとタイマーが鳴った。
「お時間ですが、延長はなさいますか?」と聞かれ、少し迷ったものの、20分の延長をお願いした。すると、女性は「今日は特別ですからね」と言い、私の紙パンツを下ろしたのだ。「このパンツ邪魔ですよねー」
私のものは、女性の前で完全に露出された。いつもの2倍、いやそれ以上に膨張している。女性の手は、私のペニスをギュッと握り、上下に動かし始める。くちゅくちゅという音が部屋中に鳴り響く。私はもう我慢することができなくなっていた。

「出していいんですよ、あ、手がいいですか?それとも口がいいですか?」
「じゃ、じゃあ、く、くちで」

女性は、そばに置いてあったおしぼりで私のペニスを拭き、凝り固まったペニスをゆっくりと口に含んだ。
「あー、いい」思わず声が漏れる。
「おっきひでふ」口に含んだまま女性は言う。
女性の口が竿の根元まで到達し、その中で女性の舌はクルクルと私の亀頭をなめ回した。そしてついに絶頂に達してしまった。

ゆっくりとペニスが女性の口から解放された。大量の精子が滴っている。女性の口にも私の大量の精液が残っており、それを手に出して私に見せてくる。
「ほら、こんなに出ましたよ。相当凝り固まっていたみたいですね」
実際、これまでに見たことがない量の精子が出ていた。

私の勃起は、それでも収まらなかった。
オイルと精液で濡れた私の体を、丁寧にタオルで拭き取る女性。
「こんなに大きいおちんちん、初めてみましたよ」

「そうですか?そんなに大きいとは思ってないんですけど」
「えー、凄いおっきいですよ、私興奮しちゃいましたもん。普段はこんなこと絶対しないんですけどね。お客さんの大きいのを見たら、もううずうずしちゃって、舐めたくなっちゃったんです」
「すんごい気持ち良かったです。また来たら、今度は指名しますよ」
「嬉しい!楽しみに待ってますよ。その時は、もっとオイルをいっぱいかけちゃいますから。だから今日よりもっと凝り固まった状態にしておいてくださいね」

再びシャワーを浴び、延長料金を支払った後、女性の笑顔で見送られながら私は店を後にした。宿泊先のホテルで布団に入ってからも、女性が自分のものを激しく上下にしごく様子と、口で舐めまわす仕草が頭から離れず、気がつくと自ら竿を握り、射精していた。
「今日は特別ですからね」と言った女性の言葉は本当だろうか。そんなことをぼんやりと考えながら深い眠りについたのであった。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)