無料官能小説「60すぎの父とのエッチにハマってしまうイケナイリエ」(女性向け)


リエは、この家に来てからというもの、男達の目に悩まされていた。リエはこの家の3男の嫁だ。3男は昼間は仕事で家を留守にしているから、その60を過ぎた父と夜勤の長男の3人で居ることになる。次男は結婚して近くの家へと住んでいた。長男は39歳になるが1人身で、付き合っている女性もいない状態だ。母親はすでに他界し、家には男ばかりに女1人という感じなのだ。

煩い姑がいないのは良かったが、その分、なんだか男達のいやらしい目線を感じるのだった。父親はもう大分女を抱かずにいるし、39歳にもなる長男も長年エッチはしていないようだった。そんな男達に挟まれて、リエはいつも昼間は家の中で家事を行っているのだ。

父親はテレビの前でワイドショーを見ながら横たわっていて、長男はキッチンのテーブルで新聞を読んでいる。会話がなく、シーンと静まりかえっているのが、余計に男達の目線を感じさせるところだった。静まりかえっているキッチンでは、リエはエプロンをしてお昼の支度をする。でも、どうも後ろからの長男の目線を感じてしまい、気になってしまうのだ。チラチラと後ろを見ては長男の様子を伺えば、長男は目線を背けて新聞を読んでいるフリをしているのだ。

リエがまたシンクの方に向けば、長男は顔を上げてリエの丸みのあるお尻をマジマジと見つめる。そして、長男は自分の股間に手を当てては擦るのだった。そんなことも知らずに、リエは2人のお昼は何がいいかしらと考えては、食事を作っている。

そんなある日、長男が珍しく早くに家を出た。いつもは夕方頃にならないと家を出ないのに、その日はお昼頃には出てしまったのだ。家には白髪混じりの頭の父と2人っきりとなった。父は見た目よりも若く、パッと見れば55歳ほどに見えた。まだまだ筋肉も衰えず、日焼けした肌が艶かしい。

そんな父は、家で筋トレをするのが日課だった。自分の部屋でいつもは筋トレをするのだが、その日はリエの目の前で服を脱いでは筋トレを始めたのだった。思った以上に腹も割れ、胸板も厚いのが更にリエをドキドキさせた。その格好でダンベルを持っては腕の筋肉を鍛える父に、何だかリエはムラムラしてしまった。

「いけない。夫の父なのに」という思いはあったが、抑え切れないリエは父の近くへと行き、「お父さん、抱いて」と言ってしまったのだ。父は驚きはしたが、こうなることが分かっていたのか、ダンベルを床に置き、リエをきつく抱きしめた。父の胸からはダンディな男の香りがしてくる。夫にはないようなその香りに、ますますリエは興奮を覚えてしまった。

いつの間にか父は座り、下半身をむき出しにしていた。そして、「舐めてごらん」と言っては自分のそそり立つイチモツを擦りながら言ってきた。リエは跪き、そのイチモツを咥えた。そして、上下にそのイチモツを舐め出したのだった。夫のペニスよりも大きく、逞しいのがより興奮に火をつけた。

いつもはそんなに激しくは舐めないのに、今回ばかりはかなり激しく顔を上下に振っては舐めるのだった。父親の口から「オウ、ウ」といういやらしい声が漏れてくる。それを聞くと更に興奮し、余計にそのペニスを激しく舐めてあげたくなるのだった。

「いいよ。おいで」と父親はリエを立たせて、パンティの中に手を入れてきた。そして、その股の部分を激しく擦り出したのだった。その上手さに、リエは失神しそうになった。夫でもそんなに上手くは擦ってくれないというのに、60歳過ぎの父親の方が上手いのだ。初めての快感に、リエは「はあん、イイ」と声を上げた。

それから父親はその濡れた手をリエの口の中に入れてきた。そして、「前からいつかエッチがしたいと思っていたんだよ」と耳元でいやらしく囁いてくるのだった。そして、その舌は耳の穴の奥へと入り込む。「グチャグチャ」という音が耳の中でこだまする。そしてリエは、「はあん、もっとお」と言ってしまうのだ。

父親はリエを抱きかかえてソファに座った。そして、下から腰を上に突き上げるようにして動かし始めた。その動きが妙にいやらしく、リエを興奮させた。「もっとお」と叫びながら、リエも可愛い丸みのあるお尻を前後に動かしては快感を覚えるのだった。

クチョクチョという音が部屋の中に響き渡る。リエはもう2人だけの世界に溺れた。こんなにも60すぎの男が逞しく、エッチが上手いとは思わなかった。最後にリエは、父の背中に爪を立てて昇天してしまった。夫の背中にも爪なんて立てたことがないというのに、父の背中に爪を立ててしまったリエは、「好きになりそう」と父に激しくキスをしてしまった。

濃厚なキスをしては、2人は腰をビクン、ビクンとさせてるのであった。それからというもの、リエは父の部屋に行ってはそんなエッチをするようになった。隣の部屋には長男がいるというのに、それでもリエはお構いなしだった。そんな関係も早3年も続いた。

でも、リエはますます父とのエッチにハマり、今でもその関係を辞めれないでいる。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)