官能小説「寝室のほの暗い灯りに揺れ動く母の影」


「寝室のほの暗い灯りに揺れ動く母の影」

これまでの長いあいだ、僕は母に面倒をみてもらい、小さいころには体を洗ってもらい、食事を口に運んでもらい、また排便の世話までしてもらったのです。
いまその母が全裸となって、僕と体を重ね合っていました。
僕は自分で自分のしていることが、なにかファンタシーの中の出来事のように思え、まったくといっていいほど現実感がありませんでした。
母をこの手で抱く。僕と母は今、その一線をこえようとしていました。
父に捨てられ、それでも気丈にふるまい、僕や姉の前ではこれまでどおりの優しくて思いやりのある母でした。
僕があの雨のふる一夜に、母の寝室からこぼれでたあの声さえきいていなければ、こういうことにはなっていなかったことでしょう。いや、また別の形で二人は、道ならぬ恋におちていたような気がします。母と僕は、そんな運命にあったのです。
母はあのとき、その全裸を隠すこともしないで、僕の目をひたとみすえ、あとはあなた次第とつぶやきかけました。
僕には拒否する選択肢もあったのです。拒否すべきだったのでしょう。しかし、それは僕にはできませんでした。僕には同じ大学に通う彼女がいました。これまで何度も肉体関係を繰り返していました。彼女の体をひろげ、体毛におおわれた秘所をみたとききまって、母のそれを思い描く僕でした。僕は彼女の肉体をつかって、そのときから母と交わっていたのです。

いまその母の体を目の当たりにした僕に、どうして母を拒むことなどできるでしょうか。
母はひとり、自分で慰めていたことがかわると僕は、これまで以上に母のことがかわいそうでならなくなりました。これを恋といってはいけないのでしょうか。
僕は母の肩にてをあてながら、廊下の突当りにある寝室に向いました。
スタンドの、赤茶けた明かりにみちた部屋には、広いベッドが横たわっていました。母はこの上で、自分を慰めていた………。今度は僕がなぐさめてあげる。そう思うことによって、僕は肉親を抱くというタブーから目をつぶることにしました。
僕は、パジャマを脱ぎにかかりました。シャツも脱ぎ、最後のトランクスもぬいだとき、はじめて背筋にゾクゾクした戦慄がはしりぬけました。彼女をはじめて抱いた時とは比較にならない衝撃に僕は、しばらく身震いがとまりませんでした。罪の意識は、それを破る者に言いしれない快感をもたらすのかもしれません。
僕が全裸になるのを、母は横になってながめていました。手が、僕の腕にさわりました。その手が膝の上にまでのびてきて、しばらく皮膚の感触を味わうかのようにおなじところをなでさすっていました。
僕は、母の上に身体を重ね合わせました。ここにきてもまだ、心の奥底ては、いけないと叫ぶ自分がいました。僕はかまわず母の唇に自分の唇を重ね合わせ、おもいきって舌を母親の舌までのばしました。母もそれにこたえるように舌をからませてきました。
豊かな胸が僕の体におしつけられて膨らむのが感じられ、下のほうでは、Vゾーンの窪みを覆うふさふさした体毛を感じていました。僕はこのまま母の中に入っていきたい衝動に強くかられましたが、それでは母が傷つくとおもい、股の間にのばした指で、やわらかな場所を愛撫し始めまると母が、ゾクリと肩をふるわしました。
それからも僕は、母の肉体をくまなく愛撫しつづけ、指で口でまた舌と、あらゆる器官を駆使して母の体をほぐしていきました。その間母もまた、僕の肉体をおなじように手と口と舌で愛撫をつづけ、お互いの体はすっかりできあがり、あとはまじわるだけの状態になっていました。
「だめだ、できない」
僕はじぶんの、ふどふとと屹立した肉をみながら、激しく首をふりました。
「どうしたの」
母が訝し気に僕をながめました。足を大きくひらき、陰毛の絡みつく秘所を僕のまえに完全にさらけだして、僕がそこにつきいってくるのをまちかまえていた母でした。
母は当惑しながらも、さらに股をひろけ、自分の手で秘所を両側から大きくひらいてみせました。スタンドの明かりにその襞と襞にはさまれた切れ目が、僕の目にあゆしく口をひらくのがわかりました。
「できない、母さん。僕には母さんの体にはいることはできない!」
こみ上げる欲情はいまにも身を燃やさんばかりに激しいものでしたが、それよりもはるかに強い力が僕をがっしりとらえて離しませんでした。それが何かを言葉で説明することはできませんが、あえてたとえるなら僕の中にながれる血だったのかもしれません。
「むりしなくていいのよ」
母親は、僕の中でおこっているはげしい葛藤を見抜いたかのように、言いました。そしてしずかに足をとじようとするのを、僕はおもわず、
「待って、母さん」
いいながら、僕は自分の硬直した肉をにぎると、けん命にさすりはじめました。
「なにを………」
母親にはすぐに僕の行動が理解できたようです。それはさっき、ひとりでいるとき自分自身がやっていたことでした。
母はふと腿を拡げに拡げて、僕のからだにすりつけるようにしました。陰毛が、恥骨が、そして襞にはさまれた裂け目がふれるたびに僕の肌はなまぬるい体液でぬれるのがわかりました。
これ以上ないというぐらい太く硬直した肉に、僕が渾身の力をこめてさすりあげた瞬間、僕から
噴き出した白濁した粘液が、彼女の股間に飛び散り、数滴が切れ目の中にも飛び込んでいきました。
僕が大きな声をあげたとき、母親もまた声をあげ、背をそりかえらせてイクのがわかりました。いまはじめて母の指が、自分自身の秘所に当てられていたのがわかったのは、その時のことでした。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)