「美人エロ家庭教師のフェラチオが好きです。」官能小説


香織「よくできたじゃない。がんばってるね光矢くん...」
光矢「ありがとう先生。僕が頑張れたのは先生がいてくれたからです・・・あの、実は先生のことが...」

高校受験。第一志望校を目指す光矢(中学3年)の自宅には、大学4年美人家庭教師『香織』が頻繁に訪問していた。
志望校に合格する為に始めた一からの総復習。真面目に勉強さえしていれば家庭教師を頼む必要もないが、光矢は勉強になど興味はなかった。おかげで家庭教師を呼ぶ破目になったのだ。

香織「先生のことが・・・・・なに?どうしたの?」   光矢「あの.....いや、そのぉ.....」
志望校に合格する為に力を入れるはずの勉強が、香織に褒められたい一心で力を入れるはずの勉強に変わり、香織に勉強を教えてもらうその時間だけを楽しみに毎日を過ごすようになる。そんな心変わりは男の性とでも言ったらいいか、中学生という多感な時期には仕方なく当然とも言えるはずなのだ。

香織「なに?言ってごらん。」 光矢「好きですっ!!」 香織「・・・・・光矢くん。」
美人家庭教師の香織に好意を寄せてきた生徒など一人や二人ではないはずだ。香織に褒められたくて努力をし、純情な愛の告白をしてくる生徒を何人見てきたのだろうか。

香織「おかあさんには内緒だよ・・・光矢くん。」  光矢「はい!絶対に何も言いません!!」
やはり、香織は「そのような」シチュエーションに慣れ過ぎているのだ。途端にムードをエロに切り替えることができる。
香織「がんばってるからご褒美あげるね...」
デスク椅子に腰掛ける多感な少年のペニスはチャックを突き破って今にも飛び出しそうな勢いである。
香織は眼鏡の僅かなズレを直しては厭らしい目つきで、光矢のズボンとトランクスを丁寧な手つきで脱がしていた。
まるで、「今日はHな勉強を教えてあげるね」と露骨に言っているようなものである。
光矢「先生...なんか恥ずかしいです・・・」  香織「若いから、元気だね。光矢くんのとても立派。」
ギンギンな光矢のペニスは、先生の綺麗な口でソフトクリームを舐めまわすように「してもらいたい」と思っている。
香織は何度も何度も厭らしく眼鏡のズレを直しながら、ペニスを眺めて続けている。
光矢「そんなに見られたら恥ずかしいです...」 香織「じゃあ、少し部屋暗くしようね。」
天井の電気の紐を引っ張り、オレンジ色の豆電球だけで部屋が照らされた。

光矢のペニスに生ぬるくて温かい感触が伝わる。いつもの美人家庭教師の髪の香りが少年の目の前で強烈に漂っている。オレンジ色の豆電球だけで照らされた部屋の薄暗さの中、ペニスを丁寧に舐めながら、亀頭を唾液で汚されていくその瞬間を薄目を見開いて見逃さないことで興奮しているのだ。

香織は、自身のバックからボトル状の何かを取り出し、その中に入っている透明な液体を自らの口に含ませてからハンカチを膝元に置く。
光矢のペニスは香織の口にヌッポリと吸引される。香織の口からは透明な潤滑油が唾液に混じりながら滴り落ちる。ペニス全体が暖かく包み込まれる。亀頭が香織の喉奥にぶつかるのを微かに感じていた。
ローションフェラをする香織の口は下品でだらしない。淫らでだらしない。光矢のペニスを咥えてだらしなくなる。
光矢「もうだめです....先生...きもちよくて逝きます」
香織は上目遣いにこちらを見上げ静かに淫らに頷いた。
光矢は、しばらくの間頭の中が真っ白になっていた。意識が遠退きながら香織がティッシュとハンカチを使い、淫らな口の中に発射された濃厚な種を処理する姿を黙って見ていた。
香織「光矢くん、勉強よくがんばったね。スッキリできた?」  光矢「うん...先生のこと大好きです・・・」  香織「おかあさんには、内緒だよ」  光矢「はい・・・絶対に言いません」

光矢は、香織という美人大学生エロ家庭教師のおかげで、ますます勉強に力を注いでいくのでありました。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)