短編官能小説「女をイカせるためのジム通い」


女をいかせることだけを考えて生きている俺は、ジムで体を鍛えるのもすべてそのためだ。女をいかせるためには、ベッドで女の体をつねにさせられる上半身の力が特に重要だ。ナニが勃起しないのでは話にならないが、ピストン運動だけでは難しい。愛撫こそ女をいかせるために重要なのだ。
ジムの帰りに、女を物色に、いつものショットバーに入る。カウンターが見える席に座り、女一人か、二人ずれを待つ。この店には女一人の客はプロが多い。うまくホテルに連れ込んだと思ったら金を要求されるなんてことはよくある。怖いお兄さんが待っていたなんてこともある。だから女一人の客はよっぽど注意しないと声をかけられない。その点二人ずれならプロでも金さえ払えば済むことが多いので気軽だ。しばらく一緒に飲んで、場所を変えようとか、酒を必要以上に進めてこなければまず大丈夫だ。
今日は、もう1時間たつが、良さそうなターゲットが現れないので帰ろうと思ったとき、ちょうどよい女二人ずれが現れた。30代後半くらい。背は160cm前後。二人ともパンツにハイヒール。上はスーツっぽい感じだ。OLの仕事帰りといったところだろうか。派手な感じはないが、スーツの下のYシャツの胸が大きく開いているのがそそられる。
しばらく様子をうかがって、待ち合わせではない様子。カウンターの横に座り会話を聞く。仕事のこと。男のこと。最近みたテレビ番組のこと。たわいもない話だが、日常へのストレスを感じる内容だ。どうやら会社の先輩と後輩らしい。顔をそばから確認すると二人とも美人でも特にチャーミングでもない。胸が大きいわけでもない。そういう普通の女が俺の好みだ。
酔いが回り始めたころあいで、声をかけてみる。最初は怪訝な感じだったが、カクテルをおごって丸テーブルの席に移ることに成功した。先輩のほうが陽子。後輩は美奈。3年入社が違うらしい。まずは、リラックスさせる必要がある。後輩はどうしても先輩の様子をうかがうので、まずは陽子の話を聞いて気分を良くさせることに集中する。時間は8時を過ぎたころだ。ホテルに移動するのは、9時ごろまでが限界。終電前に変えれるような環境で誘わないと乗ってこないことが多いからだ。1時間で陽子にホテルの部屋で2次会をしようと言ってyesと言わさなければ。そのために、気分をよくさせるように会話をはずませる。
ちょうどいい時間に、美奈がトイレに行ってくれた。2次会の話を陽子にしてみる。ホテルで落ち着いて話しようよ。近くにいい酒屋がある。いい酒とつまみもそろう。ここより静かに話の続きができる。陽子は美奈がOKならつきあうという。美奈は、すこし嫌そうだったが、陽子が乗り気だったので、しぶしぶOKした。支払をすませて、酒と肴を仕入れて、俺がいつも使うホテルに移動した。
二人ということもあり安心してついてきた。当然だが金は1次会分もすべてこちらが払うのでそこでも信用させる。ホテルで乾杯、1、2杯飲んだところで、話題を少しずつ色っぽい方向へ。彼氏の話から、どんなキスが好きかとか。ここで乗ってこなければ、ちょっと高いキャバクラで飲んだとあきらめるしかない。乗って来たいらまず陽子を落とす。運が良ければ美奈と3Pに持ち込む。
陽子が乗って来た。ベッドに座って飲んでいた陽子の横に座り、少しずつ近づいて行く。太ももどうしがさわり、話のついでで少しずつボデータッチをしてみる。嫌がる様子はない。会話が途切れたら、顔を近づけて目をみつめる。軽くキス。ケラケラ笑い出す陽子。またしばらく見つめる。キス。グラスをテーブルに置かせて、手を握る。じっと見つめる。キス。抱き寄せて、キス。じっくり唇で、陽子の唇を愛撫する。陽子のため息が漏れる。
美奈は呆然と二人を見ていた。その視線を感じながら、激しく陽子の唇を吸う。上唇から下唇へと舌を這わせるようにじっくりキスを繰り返す。陽子の重みを腕に感じる。力が抜けてきたようだ。ゆっくりと陽子の胸をにスーツの上から愛撫する。最初はやさしくタッチするだけだ。陽子の反応を見ながら。少しずつ手に力を入れて胸を触る。乳首の位置を意識しながら手で舐めるように胸を触る。陽子の手を俺の胸に誘う。陽子も俺を撫でまわし始めた。
美奈の様子に気を配りながら、愛撫を続ける。キスをしながら体を密着させたままで、スーツを脱がせる。Yシャツ越しにブラがすけていやらしい。首から鎖骨の部分までYシャツの上から唇で軽く触れていく。陽子のため息が大きくなるのを感じる、下はパンツをはいたままだが、その上から手を股間に這わせてみる。パンツの上からも熱くなっているのを感じる。秘部の入り口からクリトリスまでをこするようにやさしく手を動かす。「あ」初めて陽子が声を出した。ディープキスをして、胸と股間をいままでより強めに愛撫する。ますます熱くなる陽子の股間。パンツのジッパーを下ろして手を入れる。良く濡れているそこに中指をすべり込ませて浅く愛撫する。愛液で程よく濡れた親指でクリトリスも同時にこねるように愛撫する。愛液の量が増えて、陽子が中指と人差し指を同時に受け入れるのを確認してから、ベッドに寝かせて指の動きを激しくする。Yシャツのボタンを口ではずして、あらわになったブラジャー越しに乳首を激しく吸いたてる。同時に秘部とクリトリスを愛撫すると、陽子が大きく「あ」と言って体をそらせた。
陽子から少し離れて体を起こて美奈をみる。手招きしてベッドの上に座らせた。美奈の目をみつめて、陽子にしたようにやさしいキス。同時に陽子の胸を愛撫し続ける。陽子には美奈の胸をスーツの上から愛撫させた。
どうやら今日は楽しい長い夜になりそうだ。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)