官能小説「由美の蜜壺」


私は結婚して妻とふたりで都内のマンションに暮らしています。
私は人見知りで仕事関係の付き合い以外はほとんどしておらず、休日になると家の書斎でひとりで読書をしたり映画を観たりするのがささやかな楽しみという生活を送っています。
妻のほうは私と違い社交的なので、たくさんの友達がいます。
休日になるとたまにその友人を家に招いてホームパーティを開いているようです。
開いているようですというのは、私はほとんど参加をしていないからです。
にぎやかな声は聞こえてくるのですが、最初にちょこっと挨拶をするくらいですぐに書斎に引っ込み自分の世界に入ってしまっていました。

しかし妻が連れてきた、あるひとりの女性だけは私の心を動かしました。

「由美です」その女性は私にそう言いました。
妻の会社に今年新卒で入社してきた後輩社員です。
肌が透き通るように白く、女性にあまり関心がなくなっていた私が見ても可愛いなと思う顔立ちをしていました。
「由美ちゃんは会社の男性に一番人気なのよ」と妻は笑って言いましたが、そうだろうなと私も思いました。
他に数人の女子社員が遊びに来ていて、それぞれに軽く挨拶をして部屋に帰りました。
その時「帰っちゃうんですか」由美は私に甘えた声で言いました。
よく見たら胸も大きい、私はそんな事を思いました。

部屋に帰って読書をしながらしばらくすると、コンコンと部屋をノックする音が聞こえました。
妻だと思ってドアを開けると由美が立っていました。
「遊びに来ちゃいました」由美は笑顔でそう言って部屋の中に入ってきました。
「いいの?」何がいいのかわかりませんが私はそう言いました。
多分みんなと一緒にいなくていいの、と言う意味と、男性の部屋にふたりきりになってもいいの、の二つの意味があったと思います。
「いいです」由美はそう言いました。
そして私のズボンを下ろして、トランクスの上から私のあそこを触りました。
「え?」私はあっけにとられてそう言うと「いいんです。気持ちよくさせてあげますから」と由美は言いました。
セックスしていいの、という意味に由美は捉えていたようです。
私はこばむようなしぐさをすると、由美は私の目をみつめて言いました。
「ひとめぼれって初めてです」そう言って、私のあそこを口に含みました。

由美の口の中は暖かく粘膜がやわらかくて気持ちよく、あっという間に勃起してしまいました。
妻や同僚が由美を探しにこの部屋に来たらどうしようと、そういう気持ちもありましたが、そのまま由美とみだらな行為をしたいという誘惑には勝てませんでした。
「気持ちいい?」由美はぐちょぐちょとフェラチオをしながら、合間にそう聞いてきました。
「うん気持ちいい」私は素直に答えました。
その時廊下を歩く音が聞こえてきました。
「あなた、今大丈夫ですか」と妻の声がドアの向こう側から聞こえてきます。
ドキッと心臓の音が聞こえてきそうでしたが、由美を見ると気にせずフェラチオを続けています。
「どうしたの」私は、由美の口の中にあそこを包まれながら、平静を装って聞き返しました。
「お酒が切れちゃって…何でもいいから買ってきてくれない?」妻は言いました。
「わ…わかったよ今言ってくる」私が言うと、妻はありがとうと言って、部屋に帰って行きました。
由美の事は気づいていないようです。
幸い私の部屋には妻には内緒にしてあるワインが2本置いてあります。
「このワインを買って来たことにして…30分は時間が稼げた」私は由美に言いました。
由美は「じゃあ2回いかせてあげる」と言って、フェラの刺激を強めました。
それはこれまで感じたことのない刺激で、私はすぐに果てそうになりました。
「いいの?」私が聞くと「うん」と由美が言うので、由美の口の中で発射しました。
由美はごくんと精子を飲み込んだ後「いってもいいよって言っただけで口の中に出していいとは言ってないよ」といたずらっぽく微笑みました。

私は由美を全裸にすると、大きな白い胸をわしづかみにしました。
妻とは比べ物にならないほど多くてやわらかい乳房でした。
そして由美の蜜壺を優しく触って愛撫するとねっとした愛液があふれてきました。
私は再び勃起したあそこを、由美の蜜壺へと挿入しました。
「あん」由美は喘ぎ声をあげました。
「あんあんあん」由美の喘ぎ声は小さくはなかったけれど、リビングから聞こえる爆音の様な妻たちの声に比べれば蚊の鳴くような音です、気が付かれるわけはありませんでした。
一度してい見たいと思っていた立バックも由美とは上手にできました。
鏡の前に立ち、腰を動かすとパンパンと言う子気味いい音とともに、由美の大きな乳房も揺れました。
そして赤く染まった由美の可愛い顔を見ていたら、私は極度に興奮し、由美を振り向かせてディープキスをして、そのまま中出ししてしまいました。

その後ワインを由美に持たせて妻の部屋に持っていかせました。
その日を境に由美は妻のホームパーティのたびに私の部屋でセックスをしていきます。
しかし何度挿入しても由美の蜜壺の感触に飽きることはありません。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)