官能小説「セフレは友達のおかあさん」


俺にはひとつ秘密がある。
それは学生時代からの友人である浩のおかあさんをセフレにしているということだ。
浩のお母さんの名前は弘子。年齢は実のところ結構若い。30代半ば――とだけ言っておこう。実際、俺ともそんなに歳は離れていない。というのも、浩の親父さんはバツイチで、弘子おかあさんと浩は要するに実際に血縁関係がないのである。

浩の家には学生のころから入りびたり状態だった。若いかーちゃんでいいなあ、とかエロい妄想をたくましくしていたりもした。その時の俺にしてみれば、友達のおかあさんだけど年上のお姉さんみたいで、ぶっちゃけ夜のオカズにしてシコりまくっていたこともあった。

そして現在――だ。
弘子と俺がセフレになったのは、半年ほど前のこと。会社帰りにビールとツマミでも買って帰ろうかとコンビニに寄ってみたところ、弘子と出会った。
再会というやつだ。社会人として一人前っぽくなって仕事が忙しくなって来たころから、浩と俺の仲も疎遠になっていた。だから、本当に久しぶりに弘子おかあさんと会った。まだ全然イケてる。

「お久しぶりですね~」

差しさわりの無い笑顔で俺は弘子に挨拶をした。
弘子も俺のことをすぐ察したらしく、すごいテンションで俺にまとわりついてくる。

「元気だった? すっごく大人っぽくなったじゃん! イケメンに成長したね!」

そうっすか?――とニヤニヤ言葉を濁しながらも、「あれ? これなんかいい感じじゃねえか?」と一瞬思った。
次の瞬間、弘子が言った言葉でその予感は確信へと変わった。

「一人で飲むの? 今日、うち、パパさんも浩もいないんだ。ねえ? キミんちに行って一緒に飲んでいい?」

上目づかいで語尾を上げるクセは昔から変わってなかった。
後から訊いたら、この時の弘子の仕草や行動はつまり、俺を誘惑していたらしい――。

部屋へ連れ込んだらこっちのもんだった。
玄関のドアを閉めた途端に弘子にキスをする。ここで拒否されたら勿論退くつもりだったが、弘子は積極的に舌を絡めてきた。

「うちのパパさんね、もうこのところ全然元気ないの。おばちゃん、キミみたいな若い男の子が欲しいよう」

なにがおばちゃんだ。色っぽい顔したまだまだ現役のオンナのくせに。
俺は悪戯っぽくズボンのジッパーを下げた。ほら。おばちゃんが欲しがってる若い男の子そのものだぜ。

「ん……おっきい……ね」

まだ半分程度にしかそそり立っていない俺自身を、弘子の舌がちろちろと愛で始めた。じゅぼりじゅるりと淫猥な音を立てながら弘子が「俺」を咥えてゆく。弘子はフェラチオしながら、しきりに「久しぶりだよう」「久しぶりだよう」と甘えた声を漏らした。俺と会ったのが久しぶりではなく、男とヤるのが久しぶりなのだ。

バスルームへ弘子を連れてゆく。はぎ取るように俺は弘子の服を脱がせた。学生のころ、妄想しまくったあの淫靡な肢体が今、目の前にあった。
弘子をバスタブに座らせる。少し濃い股間の茂みが生々しくて俺は興奮した。俺は欲望のままに弘子に命令した。

「ねえ、おばさん。俺さ、おばさんがオシッコしてるとこ見てみたいわ」
「――え。やだ。そんなの恥ずかしいよう。誰にも見せたことないんだよ?」
「じゃあ、俺をその初めてのオトコにしてよ。見せてよ」

弘子は両手でその顔を隠すように覆って恥じらいながら、バスタブに座ったまま俺の前で放尿した。薄く黄色みがかった聖水がチョロチョロとバスルームの床を流れて行く。

「……がんばったんだから、ご褒美ちょうだい?」

弘子がねだる。俺は弘子の両足を大きくM字に開脚させ、散々妄想でシコった秘所に舌をねじ込んだ。
ああんっ――と弘子が甘く喘ぐ。オシッコとは違う液体でその秘所はすでに濡れていた。俺のを咥えてた時にじゅわっと愛液を垂らしていたのだろう。
クリトリスと穴を同時に舐めるように舌を這わせてやると、弘子の身体がビクビクッと細かく痙攣した。まだイッたわけでもないだろうに、いやらしい身体だなとその時、俺は思った。

バスルームのひんやりとした床に俺は仰向けに寝た。そして弘子をいざなう。さあ、好きなように挿れていいんだぜ?
弘子は俺自身を愛おしそうに右手で持つと、自分の蜜壺にそれを当てがい、グチュグチュと壺の中をかき混ぜるようにして根元までそれを中に挿れた。
下から突き上げてやろうと考えていたが、それは不要だった。弘子が騎乗位の形のまま腰を大きく上下させ始めたからだ。
粘膜と粘膜がこすれるエロティックな音が聴こえてきた。やばい。すごく気持ちいい。

時折、下から乳房を揉むと弘子が「ああん」とこの上なくいい声で鳴く。「太いよう」「硬いよう」と悦ぶ。
弘子主導のピストンが続いて、俺は思わずイキそうになって歯噛みした。

「おねがい……弘子の中に出して……ね?」
「やだよ! 俺の言うことをこれからも聞くなら出してやってもいいけどな!」
「……キミの言う……こと……?」
「そうだよ。俺のセフレになれよ! これからも気持ちよくしてやるからよ。な?」

弘子は「いいよ」と微笑みながら言って、なお激しく上下ピストンを繰り返した。
俺は弘子の中に激しく発射した。

それ以来、俺と弘子の密会は続いている。
弘子とはセフレ以上の関係を望んではいないのだが、最近やたら甘えて来るのが少し気がかりだ。
まあ、可愛いから許してしまうんだけどな。

<終>

[PR]
DXLIVE(DXライブ)口コミ情報まとめ
[裏技]DXLIVEチャット中の女の子を生中継![無料]
[裏技]DXLIVE(DXライブ)リアルタイム視聴者数ランキング
DXLIVE(DXライブ)のチャットレディ募集


Comments: 1

  1. ななし says:

    友達のお母さん設定、けっこう好きだったりします。幼少期に何かあったのかな。いや、みんな同じはず!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)