女性向け官能小説「ベラドンナの蜜は甘く」(レズビアン)


「ベラドンナの蜜は甘く」

自分が同性にしか欲情しないと分かったとき、私は自分が女である事を自覚した。人はそれを性の目覚めと呼ぶのかもしれない。
初恋だったのかすら分からないが、初めてそういった関心を向けた相手は同級生の姉だった。遊びに行った同級生の部屋にジュースとお菓子を持ってきた彼女は大学生であったと思う。しっとりと濡れたような黒髪を小さくまとめ、当時の私から見れば大人っぽいデザインのワンピースを着ていた。特別彼女とどうなったという事実はない。また何度も会ったわけではなく、特別彼女と親しく話したわけでもない。
ただあの滑らかな白桃のような頬、完璧に近い鎖骨のラインから続くワンピースの上からも分かる乳房の稜線を思い出すと私は今でも自分の性器から緩やかに流れ出す熱いぬるみを感じる。

「好きなのは本当。でも私とそういう関係になっても真理は幸せにはならないと思う」
「噓付き。嘘ばっかり。杏奈は自分が一番可愛いから、傷つきたくないんだよ。それで自分自身に嘘を付いてる。それで私の気持ちなんてどうでもいいんでしょう」
大学の空き教室に差し込んだ夕日に照らされた真理の大きい瞳の中に光が煌いている。それはほぼ私への怒りだと分かっているのに心臓は高鳴った。美しい。真理は美しい生き物だ。
「・・・本当に後悔しないと言える?真理が今しようとしていることは、この先どれだけ色々な事を諦めることになるのか分かってる?」
「見損なわないで。私は何も失わない。だって杏奈が手に入るなら」
しっかりと私を見据えた彼女の強い視線はしかしその奥底に悲痛な叫びを湛えて私に訴える。愛しているのだと。凶暴なほどの正しさで、悲しいほどのひたむきさで向けられたその感情の矢を私は全身に浴びる。
愛し愛されることの温もりと心地よさを真理は私に求めているのだろう。信じているのだろう。私が彼女にそれを与えられると思っているのだ。信じているのだ。
なんという愚かさ!そして幸福!
私は知っている。彼女と私が共にこれから先離れず生きていける可能性の低さと困難を知っている。頼れるものは互いの手だけで、それがどれほど離れやすいのか真理は多分本当には分かっていない。

トイレの個室で真理は引き破る勢いで肌蹴た私のブラウスに手を突っ込み、せっかちにブラジャーをたくし上げる。包むように揉めばいいものを痛いほどの力で掴んで顔を寄せる。
噛み付かれるかと思ったが彼女のルージュを引いた唇は私の乳首に吸い付き音を立てた。
体の中心を貫くような熱い震えに思わず上を仰ぐ。ここは人が来ないといえ大学の女子トイレだ。色気もムードもないのに、真理は私がいることだけでこんなにも欲情できるらしい。
スカートの中に手が入る。拒む理由はないから私は蓋の上に腰を下ろし、脚を思い切り開いた。
下着の横から真理の冷たい女らしい指が入ってくる。陰唇のぬかるみを確かめながら少しずつ奥へと進む。子宮の奥から溢れる愛液は確実に量を増し指で広げられた膣口は彼女の眼前に晒され、私は全裸になるよりもおそらく私自身を覗き込まれている錯覚を起こした。
真理は一度に三本の指を私の秘所に突き立てるとまるで急き立てられるように動かした。脚の痙攣を止められない。真理の柔らかい唇がクリトリスに吸い付くと、熱いうねりの衝動が湧き上がり腰が浮く。私は今日初めて真理に手を伸ばし、髪を掴みながら絶頂に達した。

「・・・傷ついてもいい。杏奈になら、何をされても、いい・・・」
「ありがとう、真理。大好きだよ、私も」

あなたとの間に生まれるすべての愛と痛みを祝福しよう。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)