官能小説「男のマンションの玄関で激しいエッチをされて悶絶」


香奈は思った。大学生活の最後の夏休み、彼氏がいない自分はどうしたらいいのかと。友人の大抵は彼氏がいて、みな海だ、山だと彼氏とのアバンチュールを楽しむのに、自分は家の中でボウッと過ごす夏休みを過ごしている。

1人で街に出てみれば、そこには腕を組んだカップルが楽しそうにデートを楽しんでいる。自分はと言えば、しがない喫茶店で300円のアイスコーヒーをチビチビと飲んでいるのだった。

そんな時、喫茶店のドアが開き、1人の男が入ってきた。見れば背はスラリと高く、骨格の良い体つきをしている。そして、ついつい年頃の女である香奈は男の股間部分を見てしまうのだった。

夏だから、履いているパンツはとてもスリムで、妙に股間部分を強調したデザインのため、その大きさが見ただけで分かってしまうのだ。よく目をこらせば、その肉棒は斜めにパンツの中に納まっており、その長さが異様に長いのが分かる。思わずゴクンッと唾を飲む香奈だった。



あんな男のアソコを舐めたいと思ってはドキドキしてしまうし、もしも立ったらどれだけデカくなるのかと想像してはますますドキドキしてしまうのだから嫌になる。高鳴る動悸を抑えようと、香奈は残っていたコーヒーで落ち着かせようとグラスを持ちかけた瞬間、見事にそのグラスを倒してしまった。

運悪く、その中身はこちら側へと歩いて来るあの男のズボンへとかかってしまった。真っ白なズボンは茶色く染み付いてしまった。「あっ、ゴメンなさい!」と香奈は椅子が倒れそうな勢いで立っては謝った。男は「いいよ、いいよ」と言っては席に座ろうとする。「えっ、でも、弁償します!」と香奈は負けずに男性を引き止めようとする。

「弁償だなんて、いいよ」と言う。「でも、やっぱりクリーニング代くらいは出しますから」と言ってみる。すると、「そう、じゃあ電話番号渡しておくからさ、ここに後で電話して」と言ってきた。「あ、はい、じゃあ今日の夜でも電話しますから」と言って香奈は喫茶店を飛び出してしまった。

その夜、香奈は高鳴る胸を押さえて、震える手で渡された電話番号へと電話をかけた。すぐに男が出て、「ああ、昼間の、じゃあ明日、家に来てくれる?」と言う。「あっ、はい、じゃあ明日の18時に行きます」と電話を切った。

「ああ、本当に良い人で良かった」と胸を撫で下ろした香奈は、安心感からさっき話した男の声に妙に感じてしまい、ベッドの中に入ってもなかなか眠れなかった。アソコを指で触れば触るほど、あの男に抱かれたいと思ってしまうのだった。乳首を触りながらアソコを擦れば、より感じてしまう。まるであの男に乳首と陰部を舐められているかのようだ。「イクう」と声をあげて香奈は快感の中、眠りについた。

次の日、男に教えられた地図を頼りに家へと行けば、都会のど真ん中に建つ高層マンションだった。香奈は一層胸がドキドキした。玄関のチャイムを押すと、すぐにドアが開き、「ああ、入って」と男は家の中に案内してくれた。「他に人居ないんだ、俺一人で住んでるから」と言う。

玄関はとても広く、玄関の大理石の床がとても素敵だった。「凄く素敵なお家ですね」と香奈が言うと、男は香奈を引き寄せてはギュッと抱きしめ、「君の方が素敵だよ」と熱い目つきで見つめながら言ってきた。

そして、「俺のためにそんなエッチなスカートを履いて来たんだろう」と言う。「えっ、それは」と言いかけると男は香奈の豊満な胸を揉みながら「いいだろ、クリーニング代はいいからさ」と言いながらスカートの裾を捲り上げた。
マンションの玄関でエッチ
マンションの玄関でエッチClick!

そして素早くパンティを下ろす。そして男は、大きくなったイチモツを香奈のギュッと閉じた股をこじ開けるようにしては穴の中に入れてくるのだった。あの喫茶店で予想したものよりも遥かに大きく、長いイチモツを穴の中に入れてきては激しく腰を動かした。香奈は今まで3人の男とエッチをしたが、それ以上に気持ち良く、思わず「おっきい、気持ちいい」と声を出してしまった。

四つん這いにされてはアナルへと入れられた香奈は悶絶した。今にもアナルが切れそうな勢いなのに、「オラ、いいんだろ、もっと可愛い顔見せろよ」と男は腰を突きまくる。「いやあ、いたあい」と言うと、興奮した男は玄関なのに床に仰向けになり、香奈を自分の上に乗せ、自分のイチモツを下から入れた。男は香奈の胸をこれでもかと激しく揉みながら腰を動かすのが上手く、まるでベテランのAV男優のようでもあった。

もう香奈は何度もイキまくり、「もう、許してえ」と叫んだ。それでも男は下から突き上げては「オラ、もっとって言えよ」と荒々しく言うので、思わず香奈は「はあん、もっとしてえ」と言ってしまうのだった。

何回もイってはヘロヘロになってしまった香奈は、大きく後ろに仰け反っては下半身が男のなすがままにされた。もう声さえも出せない状態になった香奈は、グチャグチャグチャという自分の股から出るいやらしい音がリビング中に響き渡る音を聞いては感じてしまうのだった。

貴方にはこちらの官能小説もおすすめ!
女性向け官能小説「満員電車の中で触られてはイってしまう沙織」
エロ動画を探すならエロ動画専用検索エンジンはこちら>>


Comments: 2

  1. 通りすがりのエロ紳士 says:

    女性作者だけあって女性が喜びそうなシチュエーションですね。と言っても私も読んでるうちに勃起してしまいましたが。

  2. 電車おのこ says:

    マンションの玄関でエッチってなんか妙にエロティック。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)