官能小説「葉巻の香りがする男と夜景の前でする恵子」


恵子はテレフォンセックスを毎晩のように楽しんだ。受話器を耳に当てては男の荒い息つかいを耳元で感じては恵子の股はゾクゾクするのだった。そのゾクゾクした股をいじっては濡らし、その音を受話器の向こう側にいる男に聞かせるのも楽しいところだった。そのクチャクチャという音をわざと立てては男に聞かすと、男は「いいねえ、もっと聞かせてよ」と言ってくるのだった。

男が感じるのを楽しむように、恵子はますます陰部を擦っては濡らし、グチャグチャという音を立てては男に聞かせてやった。「うっ、イク、イク」という男のいやらしい声が聞こえてくると、恵子のアソコはビクビクと感じてはイってしまうのだった。受話器を置いた恵子は、「また男をイカしてやったわ」と満足するのだった。

そんな恵子は離婚して早3年が経つ。36歳となった今、まだ女としての魅力を捨てたくはない。男を捜してはもう1度家族を持ちたいと思っている。36歳でもまだまだ性欲があるし、見た目だって少し化粧をすれば28歳くらいには見える。

でも、なかなか出会いがなく、この3年は1度も男とセックスをしたことがない。前の男はかなり強引で、服を引きちぎっては恵子が抵抗しても穴に入れてきた。今日はセックスの気分じゃないと言っているのに、強引にセックスをしてくる夫に嫌気がさし、恵子から離婚を申し出たのだ。

なかなか離婚には応じなかったが、最後は恵子が土下座して頼んでは離婚してもらった。子供はいなかったから良かったと思った。子供がいたらますます離婚できなかっただろう。

今は一人で自由に暮らせる日々を送れるようになり、本当に毎日楽しく生きれるようになった。でも、体は正直だった。毎日が悶々とした日々が続き、辛くなってしまった。そんな時にエッチ雑誌で知ったテレフォンセックスというものを知り、電話をしてみたのだった。女性は通話料無料だったから、恵子も気軽に電話をかけることができた。

そんなテレフォンセックスなら自分を大胆にすることができた。いつもは内気な恵子も、その世界の中では夜の女のようになれたのだ。電話が繋がれば「今晩は、今どんな格好してるの?」とハキハキと喋っては男達を楽しませることができた。自分でも面白いほどにペラペラと喋ることができ、「あたしってこんな才能があったんだ」と驚いたものだ。

テレフォンセックスをしていると、実にモテる女になれるのも内気な恵子を大胆にさせるところだった。男達もどことなく内気な人が多く、女性から会話を引き出させてあげないとなかなか悠長に喋ることができなかった。

そんな内気な男どもを自分の言葉で巧みに転がしては世界へと引きずり込み、相手の気持ちを捉えてはエッチな気分へとさせるのだった。男はエッチな気分になればこっちのもので、実に簡単にノッてくる。

恵子が「アソコを触ってみて」と言えば触るし、「擦ってる音を聞かせてみて」と言えばその音を聞かせてくれるのだ。いくら電話といえども、その性器を擦っているシコシコという音はいやらしく聞こえた。

恵子はそんな言いなりになる男に会ってみたいと思った。そんなある日、一人の男と繋がった。とても声の良い男で、その声だけでイキそうになってしまった。ちょっと緊張した恵子は、「あっ、今晩は」と言ったら、「あっ、初めまして。君、声が可愛いね」と言ってきた。今までにいないタイプの男に、「この男と会ってみたい」と思った。

そんな恵子に男はペラペラと自分のことを話しまくった。企業家で、今は一人でマンションに住んでいると言う。モテないわけではないが、こうやって会話をするのが楽しく、よくこの電話にかけてはテレフォンセックスを楽しんでいるそうだ。

そして今日、恵子に繋がった。恵子は思い切って「今から会えませんか?」と聞いてみた。すると、「ええ、いいですよ」と言ってきた。恵子から待ち合わせの場所を指定し、1時間後に会うことになった。

そこで待っていると、スーツを着こなしたダンディな男が現れた。ドキドキする恵子に「今夜は帰さないよ」と言ってきた。「近くに部屋をとってあるんだと言う男と共に行った部屋は実に広く、窓からは美しい街の夜景が見渡せた。

恵子はその夜景に見とれていると、部屋の電気が消えた。男は後ろから抱きつき、「いいだろ」と言っては恵子のスカートに手を入れてきては性器を入れてきた。夜景を見ながら立ちバックでやるセックスは格別だった。

しかもプンと男から香ってくる葉巻のような渋い香りにますます恵子の陰部は熱くなる。男は「見てごらん、みんなが君を見ているよ」と言ってくるのだから堪らない。いくら部屋を暗くしていても、部屋の中はその夜景の明かりで少しは見えるものだ。

胸もあらわに、男にバックから立ちながらやられている自分の姿は実にいやらしさを増す。男は恵子の顔を後ろに振り返らせては大胆にも唇を奪った。立ちながら男にバックから入れられてはセックスする姿を自分で想像するだけでイってしまう恵子だった。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)